【メルマガアフィリエイト塾】 第8回 ステップメールの作り方とテンプレート

83views {views}

こんばんはオヤケンです。今回はステップメールの作り方と基本的なテンプレートを紹介していきたいと思います。

・ステップメール作成の流れ

1.大まかなステップメールを作ってみる。

2.集客して取得したリストに対して意見やアンケートを取る。

3.意見やアンケートからリスト(読者)のレベルや悩みを把握する

4.リスト(読者)にもっと合った教材や企画がないかを考える

5.メール内の言葉や訴求、共感できる事が無いかを修正する。(読者の能力に応じた言葉、用語にする)

注意 ステップメールは一度作って書き上げてからの調整が最も重要です。なのでまずはざっくりとで良いので作ってみて後から調整を加えて行くのがベストです。ここでこだわっていては先に進むことが出来なくなります。

初めはどうしてもステップメールの順番やテンプレにとらわれて気にしている人が多いですがそれよりもリスト(読者)のレベルや悩みを知りそれに合った企画やメールの内容に対応させることの方がよっぽど大事です。

・どんなステップメールが良いか?

ステップメール内では音声や動画は使わずメールで文章を書き、重要なコンテンツやメッセージのみPDFで伝えて行くのが良いです。

音声や動画にこだわって先にすすめなくなるよりシンプルで分かりやすいメールを文章で書いた方が何倍も作業効率も良いしリスト(読者)にも伝わりやすいからです。

それではいよいよステップメールのテンプレートを公開します

・ステップメールセールステンプレート

前にも書いた通りセールスの期間が長すぎるのも、短すぎるのも良くありません。

だいたいセールスの販売開始前と開始後合わせて10日から14日位が良いでしょう。

大体販売開始前が7日、販売開始後が5日位で説明して行きますね。

・販売開始前の7日間

読者登録後:登録のお礼と無料企画への惹きつけとアンケートの募集

2日目:企画への思いとアンケートの催促

3日目:悩みへの具体的なアドバイスと不安の解消

4日目:描く未来像の摺合せと合言葉出し

5日目:対岸のリスクの刷り込みと描く未来像の強化

6日目:本企画開催の発表と要望の募集

7日目:不安や悩みの解消と本企画の期待感の盛り上げ

この販売開始前に送って行くメールこそが成約率に違いをもたらす最も重要なセールスメールです。読者からアンケートを取り悩みや不安を聞き共感することで信頼関係を構築する期間だからです。ある意味、販売開始後のメールより余程大事な部分です。ここで手を抜くような事は絶対にしないようにしてください。本当に後々の成約率に大きく差が出てます。

・販売開始後の5日間

販売日:募集開始のお知らせと合言葉

2日目:反響があった事と強みを分かりやすく伝える

3日目:参加にあたっての不安や悩みの払拭

4日目:募集終了を決めた事を伝えそれによって失うリスクと望ましくない未来をイメージさせる

終了日:再びチャンスと未来像を強烈に想像させ、それをてに出来る時間はあとわずかだと伝える

この12日間の流れが、売れるセールスメールの大まかな流れとなります。

※但し1つの工程につき1通という決まりはありません。メールが長くなってしまった場合には1通づつのボリュームを減らして送る回数を増やして伝えるようにします。

沢山の事をいっぺんに伝えても全部は伝わりずらいですからね。

いかがでしたか?やはり基本はあまりガツガツしないでリストの気持ちに寄り添い、悩みや不安を解消してあげる、それにはこれらが良いですよと良い商品や企画があれば提案、紹介するというのがベストですね。

本物の商品や企画であればその商品を買う事でお客さんは喜ぶし幸せになる事ができるわけですからね。商品を売る(もちろん本物である事が前提)=悪ではないですからね。ここは勘違いのないようにしたいですね。

今日はここまでです、お疲れさまでした。


One Reply to “【メルマガアフィリエイト塾】 第8回 ステップメールの作り方とテンプレート”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください